外国人が日本でクレジットカードを作るのは

外国人が日本でクレジットカードを作るのは、なかなか難しい作業です。実際、日本人よりも収入が高くて安定した職業に就いているのに、審査に通らなかったという方も多くいらっしゃいます。これは何も「外国人だから。」という単なる差別から起きている現象ではありません。

日本国内でのクレジットカード取得は、外国人にとって大きな壁です。実際に審査を申込んで通らなかった方の中には、「外国人差別によって落とされた」と発言している方もいます。果たして、クレジットカード会社の見解としてはどうなのでしょうか。

出典: 外国人・留学生でも発行可能なクレジットカード

これにはきちんとした理由があるのです。外国人の場合、いくら契約時の年収が良くて安定した職に就いていても、いつ自国に帰国してしまうか分からないという心配があるのです。もしも支払いが完了する前に帰国されてしまうと、連絡が取れなくなってしまうという事例が多発しているため、クレジットカード会社では、このような事態を回避するために、審査には慎重を期しているのです。

また、身分証明として「外国人登録証明証」が必須になることを覚えておく必要があります。その他は、日本人がクレジットカードを作る際と同様です。すなわち、重要なのは「信用」と「実績」です。重視される項目としては、滞在年数・日本での勤務実績・安定した収入・確実な連絡先(固定電話の有無)などになります。この際、永住権やパートナーが日本人かどうかはあまり関係がありません。

後は、申し込みの際に必要となる最低限の読み書きが出来ることも大切です。

 

海外で便利なマスターカード

海外でカードをもってないとあぶないっていいますよね。だから海外で使えるカードを作ることにしたんですよ。カードは、国内でも使用したことがないので初体験です。だから有名なカードがいいかなって考えたんです。マスターカードなら安心かなって思いましたね。あれだけ宣伝しているし悪い噂は聞かないですよね。このカード信頼度が高いみたいですよ。口コミの評価をみました。

大手ということで保証がしっかりしている、紛失したときの対応がすごく良いとか、メリットだらけ。簡単に作れるみたいだから、申し込みしてみました。数日後、マスターカードが家まで届きます。思ったよりも早くてビックリしましたよ。さすがマスターカードですよね。

カードをもって、海外に行きました。初めての海外でドキドキしましたけど、友達がそばにいるから大丈夫です。友達はほかの会社のカードでしたね。私達が泊まるホテルに向かって、荷物を置き、出掛けました。一度行ってみたかったお店に行き食事を楽しみます。テーブルの上になにやら私が作ったカードのことが書いてありました。友達に訳してもらったら、私がもっているカードで割り引きになるというのです。友達の分も安くなって、感激でしたね。

 

無謀にも手を出そうとしたプラチナカード

私はその頃、プラチナカードというのがどういう物なのかよく知りませんでした。単純に誰でも持てる、クレジットカードの一種だと思ってたのです。なので「プラチナ」という響きに何となく誘われて、しかも物凄い特典の数々に惹かれて興味を持ってしまいました。

他のカードでも旅行やホテルなどの優待サービスというのは見かけたことはあるけど、スイートルームが50%オフとか本当にビツクリしてしまったのです。私はこうした特典にばかり目がいっていて、カードを持てる条件などは全然考えていませんでした。そんな状態で、何も分からないままにプラチナカードの申請をしてしまったのです。

その結果は誰しもが予想できるほどに、無残なものでした。どの条件にも当てはまらない私が、審査を通るはずがないのです。審査に落ちてから初めて、その条件を色々と調べたくらいなのですから。今思い出しても、なんて無謀な事をしたんだろうと思います。

プラチナカードといえば、持っているだけでステータスになると言われているほどのカードです。それを簡単に持てると思っていたとは。でもこの経験のおかげで他のカードにも、色々と興味の目を向けるようになりました。そしていつか念願のプラチナカードを持てるよう努力中です。

パートナーエージェントの特色について

パートナーエージェントとは、婚活支援サービスの提供を行っている会社です。成果を意識した独自性の高いサービスを提供することで、1人でも多くの人を1年以内に結婚に導くことを目標に掲げています。専任のコンシェルジュがその人を深く理解した上で相手探しのために尽力してくれるので、活動の仕方が全くわからないという人でも安心です。

事前にじっくりと時間をかけてインタビューが行われるので、表面的な情報やデータにとらわれることなく内面から理解してもらうことができます。また、コーチングインタビューが行われることにより自分でも気がつかなかった想いや価値観を探ってもらえるので、結婚への目標を明確に定めることが可能となります。

全てのコンシェルジュは、300時間を超える厳しい研修期間を経ることでコーチングインタビュースキルを取得しているので、安心して任せることができます。 コーチングインタビューを通して目標が定まった後は、コンシェルジュによりオリジナルの活動計画が作成されます。その上で、コンタクト・コンタクトのフィードバック・活動の見直し・次のコンタクトへの準備といった一連の流れを繰り返すことで、成婚というゴールへ近づくことが可能となるのです。

活動状況はフィードバックシートに記録されていきます。それをプロの目で分析しながら活用することで、次の紹介がより良いものとなっていきます。これらの作業を繰り返すことで最終的に理想の相手と出会う確率が高くなり、効率的に成婚を実現させることができます。パートナーエージェントならきっと未来のパートナーが見つかります。